全通研 全国調査 

☆設置手話通訳者に関する調査

<調査の概要>

全通研では90年・95年・00年…と5年に1回『手話通訳者の労働と健康についての実態調査』を行っています。

これは、全国の聴覚障害者に関わって働く人たちの労働実態および健康状態を調査するものです。

 

<調査方法>

設置通訳者を対象としています。

支部(神通研)にて、対象者確認のための基礎調査を行い、その結果を全通研へ通知。それをもとに、全通研より調査票が対象者へ送付されます。

その後、全通研にて回収、中間報告に対する意見集約を経て、最終調査結果が報告されます。

 

<2010年は調査の年です>

ご協力よろしくお願いします。

 

  

 ☆登録手話通訳者に関する調査

<調査の概要>

全通研では03年、07年と『登録されている手話通訳者の労働と健康についての抽出調査』を行っています。

この調査は、「登録手話通訳者の健康問題と手話通訳派遣事業における現状を把握し、課題の解決のための指針を示す」ことを目的としています。第2回調査ではこれに加えて「市町村合併や障害者自立支援法の施行後、新たに発生した問題・課題を明らかにすること」を掲げています。

 

<調査方法>

登録手話通訳者を対象としています。

都道府県の人口規模にあわせて、各支部に調査対象者数が割り振られます。

調査票は全通研より支部を通して調査協力者へ配布され、それぞれが全通研へ直接回答する、という調査方法です。

 

<直近の調査>

 2007年度調査では、市町村の人口バランスを配慮した人選が必要だったため、3地域の通訳者団体に、この調査に協力頂ける登録手話通訳者を紹介して頂きました。

 神通研でも、2008年度に報告学習会を行いました。

調査の詳細は、2008年5月全通研発行の

額縁: 登録されている手話通訳者の健康と労働についての
抽出調査報告書 2007年10月 調査
 

 

 


をご覧ください。

 

ホームページ